丸順商事SDGsの取り組み

SDGs

持続可能な開発目標
(SDGs)とは

(SDGs)とは
持続可能な開発目標(SDGs)とは

2015年9月の国連サミットで、「国連持続可能な開発サミット」が開催され、「持続可能な開発のための2030アジェンダが採択されました。
先進国と途上国が共同で取り組むべき国際社会全体の開発目標として、持続可能な開発目標(SDGs:ustainable Development Goals)が掲げられた。貧困や飢餓といった課題に加え、国際社会の共通課題である気候変動や格差是正などを含む、17の目標とそれに対応する169項目のターゲットが盛り込まれ、地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組む普遍的なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

私たち丸順商事は、持続可能な開発目標(SDGs)の理念に共感し、
事業活動を通じて社会の持続的発展に貢献します。

地域の方と共に
地域と
共生できる街づくり

環境への取組み
(収集運搬・廃棄物処理)

環境への取組み
環境への取組み

丸順商事では東京都、神奈川県、埼玉県、山梨県の産業廃棄物、羽村市、青梅市、福生市、瑞穂町等の事業系一般廃棄物、そして地元羽村市からの一般廃棄物委託収集業務や残置物撤去を行っております。
自社社屋での太陽光発電、現在はトラック車両20台を保有し、エコドライブ活動を推進しながら企業や一般家庭より排出される廃棄物等を提携処理業者と連携し、適正処理・リサイクル処理を行っていただいております。廃棄物は分別、選別処理によって再商品化、再資源化、燃料チップ等の再生可能エネルギーにも生まれ変わります。

社内教育への
取り組み

社内教育への取り組み
社内教育への取り組み

当社では「人財共育」というスローガンの元、全従業員への教育指導に力を入れております。
人は財産であり、共に育っていく環境づくりをモットーに「聴ける化・言える化・見える化」を推進し、新人から幹部社員まで自社・外部コンサルも活用した指導を行っております。

CRS活動

社内教育への取り組み
CRS活動

地元地域貢献の一環として、羽村市内中学2年生の職場体験学習受け入れを行なっおります。普段、自分たちが何気なく出しているごみ・資源物の収集や処理方法等を学ぶことで、環境学習、挨拶の重要性、社会人になった際の苦労や楽しさを提供しています。また、地元羽村市で開催されている産業祭への出展(会社PR・車両展示)、定期的な会社周辺清掃を行い、循環型社会を目指す為の3R活動を広めています。

Copyright© 丸順商事有限会社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.